脂肪溶解注射で痩せる|美容整形を受けるならまずはカウンセリングを受ける

脂肪溶解注射で痩せる

女の人

肌を露出する季節が近づくと多くの人がダイエットに励みます。しかし、その時期になってからでは遅く、なかなか痩せることができない人が多いのが現状です。痩せることができなければ、自分のイメージする体型に近づくこともできません。そういった場合は、と東京の美容整形外科で行なっている、脂肪溶解注射という施術を受けてみると良いでしょう。この方法は、日本だけではなく世界各地で使用されている効果的なダイエット方法の一つです。脂肪溶解注射ときくと、体内に薬液を注入するので体に悪いんじゃないかと抵抗を感じる人もいるでしょうが、この薬液は体に負担をあまりかけずに効果を発揮してくれるので、安心して使うことができます。

脂肪溶解注射には、血液の流れを促進させる効果があります。そのため、薬液中に含まれているタンパク質に似た成分が、脂肪が溜まっている部分に浸透して、脂肪を液体化にしてくれるのです。液体化された脂肪は、そのまま血管を通って体外に排出されます。こういった効果があるので、なかなか運動や食事制限では落とすことができないセルライトにも効果を期待することができます。なので、東京の美容整形外科ではセルライトが溜まりやすいお腹やお尻、二の腕や太ももを細くするための施術方法として使われています。脂肪溶解注射は、リバウンドしにくいことでも有名です。大人になると脂肪細胞の数をなかなか変えることができません。そのため、なんどダイエットをしても、細胞がもとに戻そうと頑張るため気を抜いた瞬間リバウンドしてしまいます。ダイエットをしても、体型を維持することができないという人は、こういった事が原因といわれています。しかし、脂肪溶解注射ならば、一度液体化して体外に排出することがきるため、効果的に脂肪細胞も減らすことができます。体外に排出された脂肪細胞が復活する可能性は低いので、体型を維持しやすくなります。

東京の美容整形外科では、セルライトが溜まりやすい部分以外でも脂肪溶解注射は人気の施術方法です。一番効果が現れやすい、顔やあご下の部分ならば直ぐに効果を実感することができるでしょう。効果が現れるのに個人差はありますが、早い人ならば2回から3回程度施術をしただけで効果を実感することができます。しかし、脂肪溶解注射をした後は副作用が出る場合もあるので、顔など目立つ部分の施術を受ける場合は注意しましょう。副作用の症状は、軽い腫れや内出血が多くおこりますが数日で消えていきます。副作用の原因は、体内に注入された脂肪溶解注射の薬液が脂肪細胞を破壊していくため起こるといわれています。その他にも軽い痛みや、熱っぽさ、かゆみなどの症状が現れる場合もあるので、施術から数日経っても治らない場合や、悪化する場合は早急に東京の美容整形外科を再受診しましょう。そうすることで、医師が適切な対応をしてくれます。少しでも異常を感じた場合は、いつから症状が出たのか、どういった症状なのかしっかりと覚えておきましょう。その他にも、東京の美容整形外科で施術を受ける前にカウンセリングを受けると思いますが、そのときに持病を持っている人はきちんと医師に相談する必要があるということを覚えておきましょう。持病の種類によっては施術を受けることができない場合もあるからです。