自分に合った施術方法|美容整形を受けるならまずはカウンセリングを受ける

自分に合った施術方法

ナース

多くの女性が悩んでいる症状の一つで最も大敵なのは顔にできるシミでしょう。腕など他の部分にあるシミならば、洋服などで隠すこともできますが、顔にできてしまったシミはなかなか隠すことができません。化粧品で隠そうとしても、コンシーラーを使うと厚化粧になってしまいますし、化粧を落としたときに大きなシミが現れるとそれだけで気分が沈んでしまいます。市販で売っている化粧水や薬を使っても時間が経過しているシミの場合、効果が現れるのに時間がかっていまいます。そうなってしまうと、シミと自分との根気勝負になります。しかし、なかなか効果が現れないと諦める人も出てくるでしょう。そういった場合はシミを消すことを諦めずに、違う方法を試してみると良いでしょう。

違う方法といってもどういった方法があるのか分からないという人も多くいます。そういった場合は、東京にある美容整形外科で相談してみるとういいでしょう。東京にある美容整形外科ならば、専門的な知識と技術を持った医師が相談に乗ってくれるので、患者に合った施術を提案してくれます。患者によってシミの原因や状態が異なるので、まずは自分のシミがなぜできたのかを知ることも大切です。そもそもシミは、日頃の生活の中で当たる紫外線が大きな原因といわれています。紫外線に当たることで、メラニン色素が活発になります。活発になってしまうと、そのまま色素が肌に沈着してしまい、茶色いシミになってしまうのです。その他にもいくつか原因があります。例えば、年齢を重ねることでできてしまうシミ。ホルモンバランスの乱れが原因でできる斑紋上のシミ、顔中に広がっているそばかすに似たようなシミなど様々な種類があります。その状況に合わせて、施術の方法を変えていきます。ある程度のところまでなら自分でシミの原因を追究することもできるでしょうが、医師に任せた方が適切な診断結果を得ることができるので、早めに治療したい場合は、医師に相談しましょう。

東京にある美容整形外科で行なっているシミ治療の施術方法は、治療部分にレーザーを当ててシミの原因になっている色素を焼き消す方法があります。この施術方法は、レーザーを使って治療をするので効果が他の施術方法よりも現れやすいのが特徴です。しかし、その分肌に負担をかけてしまう可能性があります。そのため、もともと肌が弱い人や、できるだけ肌に負担をかけたくないといった人は、別の施術方法を使ってみましょう。肌に負担をかけない施術方法で代表的なフォトフェイシャルならば、一回の照射で顔全体に光を当てることができます。その他にも、シミと顔のたるみを同時に治療することができるフォトオーロラ、スーパーフォトオーロラという施術方法もあるので、自分が気になる治療方法を試してみると良いでしょう。ですが、自分が気になる治療方法で必ず施術を受けることができるわけではないので、希望する方法があるなら事前に、東京の美容整形外科の医師に相談してみると良いでしょう。そうすることで、希望の施術を受けることができます。